• テクノロジー

Google App Engineでカスタムドメインを使う

簡単に終わるだろうと思ってたらそれなりに手順があったのでメモ。

Googleによるドメインの確認

以下の手順に沿ってやっていく。

Using a Custom Domain - Google App Engine Google Cloud Platform

作業はDevelopers Consoleから行う。 最初にドメインの所有を確認するためにverifyへ。

verify画面へ進む
verify画面へ進む

そうするとこんな画面になるので、

確認用のTXTレコードを取得する
確認用のTXTレコードを取得する

ここに表示されてるテキストを、ドメインを発行した会社さんのほうからTXTレコードとして追加すればOK。

なんかこの画面、すごい頻度でChromeがエラー吐きまくったけど、クリックしなければ大丈夫だったのでなんとかしのいだ。

TXTレコードの追加は、お名前.comであればドメインNaviから

  1. ドメイン設定
  2. DNS関連機能の設定
  3. DNSレコード設定を利用する

でここに入力すればOK。

TXTレコードを追加する
TXTレコードを追加する

TYPEはTXTにしてVALUEにさっきのテキストを入力する。 場所にもよるけど少し待てば反映されるので、それまでGoogle側の画面で確認ボタンを何度か押してみる。 反映されてたら確認が通るはず。

ドメインの選択

確認が出来たらサブドメインとしてプレフィックスを付けるのかを決める。

サブドメインの設定
サブドメインの設定

これによって最後のステップが変わるけど、僕は確認の時点でサブドメインとして設定したので、Google側では特に付加せずやった。

AレコードとAAAAレコードの追加

最後はまたDNSレコードの追加。 ここに記載された一覧をそれぞれのType、Dataに応じてTXTレコードのときと同じように追加すればOK。

Aレコードの追加
Aレコードの追加

あとは待ってればそのうち反映されるはず。